12月に横浜で結婚式披露宴をされるカップルが、和装の白無垢、羽織袴姿で山口市の瑠璃光寺五重塔付近をロケーション撮影しました。
山口市内には重要文化財が多く残されていて、今回は瑠璃光寺の五重塔がメインのロケ撮影です。
その他にもすぐ側にある「枕流亭」でも撮影しました。瑠璃光寺五重塔で白無垢の前撮り

枕流亭は香山公園内にあります。幕末薩長連合を推進するために、慶応3年(1867)9月薩摩藩の重臣小松帯刀、西郷隆盛らが続々と山口にやってきました。当時道場門前にあった安部半助方の枕流亭の2階で会見し、盟約がなって、幕府を倒す連合討幕軍の結成を誓いました。枕流亭は、その後2、3度移築され、近年修理されてこの地に移されました。
普段は開放されており、自由に建物内に上がることができます。当時この建物で幕府を倒す密議が行われました。出典:山口市観光情報サイトより

瑠璃光寺五重塔の池の前の写真

そして新郎新婦が山口県立山口高等学校の同級生であるという事を前日の打合せでお伺いして、急遽「山高の記念館」でも撮影しました。
山口高校の資料によると平成11(1999)年4月、文化庁の登録有形文化財建造物に指定された建物だそうです。
山口高校記念館前で結婚式の前撮り写真
前々から気になっていたおしゃれな古い建物ですが、その前で撮影する事が出来ました。
記念館の中ではブラスバンド部が練習を行っていて、先輩の結婚式に音楽で花を添えてくれました。在学生達「ありがと〜!」
山口高校記念館でブラスバンドの高校生が音楽を新郎新婦にプレゼント